劉衛流(空手)道場生、くぼけん’Sブログ

沖縄劉衛流龍鳳会香織龍鳳館で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちを伝えていきたいです。

沖縄の怖い話から、沖縄の伝統や文化を学ぶのもいいかな、っと。

f:id:kuboken0788:20160607172642j:plain

この本、かなり怖いです。わたくし、もともと、この手の話、弱いんですよね。。。

 先日、赤マルソウさん主催のみそグルメ会に参加したとき、隣のテーブルにこの日のゲストで呼ばれていた小原猛さんがいたんです。

知ってます?小原猛さん。

f:id:kuboken0788:20160607173316j:plain

右側の方が小原さんです。沖縄の妖怪、怪談に関する本の執筆のほか、ラジオやテレビのコメンテーターとしても活躍中の方なんです。ちなみに、妖怪ウォッチ人面犬のモデルでもあるんですって。

で、小原さんから名刺代わりにいただいたのが、冒頭にアップした「沖縄の怖い話」という本でして、著者はもちろん小原さんです。

前書きで

「沖縄の怖い話」というタイトルから、ただ単に怖い話だけを集めた本だと思われるかもしれない。だが、少し違う。 

 とありますが、少し違うってのは、怖くないってことではないので、安心しちゃだめですよ。おしっ〇、ちびっちゃうくらい、怖い話ばかりですから。

この日の、余興の小原さんの怖い話だって、めちゃくちゃ怖かったんですから。うちの子供たちなんて、ごらんのとおりです。

f:id:kuboken0788:20160607174815j:plain

 では、何が少し違うのか?

小原さんいわく、

沖縄に住み、暮らしていると、いかに本土の暮らしが伝統や文化などと切り離された生活で、元は存在していたシャーマン的な異界文化とも隔絶しているかという感を強くする。

だそうです。

ということは、沖縄では、いまだに日常の生活が、伝統や文化と密接に関係していて、異界文化と入り混じっている、ってことですね。

残念なことに、内地出身者である私は、沖縄の伝統や文化に無知なのです。それゆえ、本の帯にもあるように、「決して触れてはいけない場所」もよく分かりません。

これって、実はとても危険なことなのかもしれません。

危険を回避するためにも、苦手とか言ってないで、この頂いた本で、沖縄の伝統や文化、そして決して触れてはいけない場所を学びたいと思います。

もちろん、照明は煌々とつけて。