くぼけんのブログ

劉衛流香織道場にて親子で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちが伝われば良いな、と思っています。

空手に先手なし 空手の有名な格言ですが・・・ 組み手をやっている選手は「先に手を出せって!ほら、自分から仕掛けろ!」とよく叱られ、それでも手を出さないと「だぁー」とよく呆れられているんですが。

f:id:kuboken0788:20160622165410j:plain

この写真の記念碑は、高名な空手の先生であります船越義珍先生の記念碑です。この記念碑は、現在、奥武山公園内の沖宮入口に設置されています。

 船越先生は、空手四大流派の松濤館の開祖であり、松濤二十訓にもこの格言があります。

f:id:kuboken0788:20160622171953j:plain

「空手に先手なし」という格言は、船越先生が最初ではないらしいのですが、よく好んで使われていたようです。

この格言、とても有名で、私も空手を始める以前から知っていました。

ところが空手を習い始めたとき、ある先生に、

「喧嘩になってしまったとき、やはり一旦は受けてから反撃するんですか?」と尋ねたところ、

「こちらが空手(武道)をやっていると気づかれる前に、先にやっちゃうね!」と意外な回答が。

その先生いわく「勝負に勝つには、相手が油断しているうちにバーンとね。やはり先手必勝だね!」とのことでした。

では、「空手に先手なし」とは?

ググってみるといろんな解釈があるようですが、乱暴にまとめてしまえば、「自ら争いを仕掛けるな、自戒せよ」ってことなのかしら。

確実に言えることは、普段の生活の中での心構えと、組み手の練習(試合)は、きちんと切り分けないと、先生(先輩)から大目玉を食らうのは必至のようです。。。