劉衛流(空手)道場生、くぼけん’Sブログ

沖縄劉衛流龍鳳会香織龍鳳館で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちを伝えていきたいです。

はなちゃんに心臓移植を 佐久本嗣男先生、SKWの冒頭で劉衛流の道場生及び父母に呼びかけ

f:id:kuboken0788:20160716103905j:plain

本日は、月1回行われている、劉衛流の合同強化練習SKW(佐久本空手ワールド)が恩納村安冨祖の公民館で行われています。冒頭、佐久本先生から「はなちゃんを救う会」への募金の呼びかけがありました。

 はなちゃんを救う会 - はなちゃんに心臓移植を!

静岡県在住の岩倉花愛(いわくらはな)ちゃん(現在生後5か月)は、「拡張型心筋症」という難病を抱え、海外渡航による心臓移植でしか治療方法がありません。

しかしながら、海外渡航による心臓移植には多額の費用が掛かります。とても一家族が工面できる金額ではありません。

そこで、はなちゃんのご両親、そしてご両親のお友達が中心となり、募金活動を行っている状況なのです。

ところで、なぜ、静岡在住のはなちゃんの募金活動を沖縄の劉衛流が?と思われる方も多いのではないかと思います。

f:id:kuboken0788:20160716110425j:plain

彼女は、旧姓川合真由佳さん。元静岡県の国体代表選手です。

現在は、結婚され、静岡県菊川市にて菊川Jr.空手クラブで道場主をされていますが、以前、佐久本先生のもとで、沖縄で何年も一緒に汗を流した劉衛流の仲間なのです。

ameblo.jp

はなちゃんのご両親は、川合真由佳さんの親友であり、川合さんは「はなちゃん募金」の中心の一人として、一生懸命、活動をされているのです。

難病を抱え多額の費用を必要としている人は、日本、いや世界にはたくさんいると思います。その人たち全てに必要な資金を用意することは正直無理です。

しかし、ここではそういう観念的な話ではなく、自分が手を伸ばせば助かる可能性がある命を救いたい、そういった思いなのであります。