くぼけん’Sブログ

沖縄劉衛流龍鳳会香織龍鳳館で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちを伝えていきたいです。

アドラーが伝えたかったことを自分なりに解釈してみた。

今でしょう!

 あれ、林先生の名セリフじゃん、これw

 

過去、未来、そして今。

 

アドラーは、「今」にフォーカス。

「今」この瞬間を真摯に生きることが、幸せになれる唯一の方法だと。

 

 過去。

とかく人は、「今」を「過去」の出来事と結び付ける。

今、不幸なのは、過去のあの出来事が原因だみたいな。

 

しかし、アドラーはこの因果応報を否定。トラウマだって否定しちゃう。

今、不幸な状態を説明するのに都合の良い過去の出来事を勝手に結び付けているだけだと。

で、「不幸な状態」というのも、そう思い込むのが自分には都合が良いので、勝手に不幸だと決めつけているだけだと。

今も過去も、じつはそれ自体は意味を持つものではなく、自分が主観的に意味を持たしていて、悪い方向にも良い方向にも自分が決めているのだと。 

 

たとえば、女子Aが、男子Aを嫌いだとする。嫌いな原因は男子Aの「優柔不断、八方美人」なところ。女子Aは、男子Aの「ある行動」をそのように意味づけしたのだ。

このときの心の変化を時系列に見れば、「優柔不断・八方美人」だから「嫌い」という流れとなる。

 

しかし、アドラーは違う見方をする。

まず「嫌い」という思いが発生して、「嫌い」を説明するのに都合の良い原因を探す。この場合であれば、「優柔不断・八方美人」と判断した「ある行為」が原因となる。

その「ある行為」に対し「優柔不断・八方美人」というマイナスな意味付けを行うのだと。

そして、「嫌い」という思いも、じつはそう思うことが自分にとって都合が良いから、そう思うようにしていると。

 

えっ?どういうことですか?

 

「男子A」を「好き」になったらどうなるか。そりゃ。好きなんだから、付き合いたくなるよね。いちゃいちゃもしたいよね。

それには、両想いにならんとだめだよね。

両想いになるには、告白しないといけないよね。

告白!?えっ、告白して振られたらどうするの!そんなのムリ、悲しすぎる。泣いちゃうよ。耐えられない〜。こわい〜。

だったら・・・今のままでいよう。嫌いとまでいかなくても、好きにならなければ良いんだよ。その方が、傷つくことないし。。。

 

でも、アドラーは、勇気を持て!嫌われてもいいじゃないか。自分の人生を生きよ!と背中を押すのだ。

 

で、女子Aが勇気を持ち、男子Aを好きになったら、好きという意味づけをしたらどうなるか。

 嫌いなときは「優柔不断・八方美人」と判断した「ある行為」を、今度は「優しい」と好意的に意味づけし、好きだあることの原因とするのだ。

そして、告白。めでたく両想い♡そして念願のいちゃいちゃだって♡

 

い、いかん、興奮してきた・・・

 

振られる可能性もある。でも、告白しなければ、始まることはないのだ!。先方から告白されることもあるかもしれないが、そんな不確実性に自分を委ねてはいけないのだ!

 

「男子A」も「ある行為」も、以前と変わらない。

 

女子Aが「今」を変えたことで、男子Aが嫌いから好きへ、ある行為が優柔不断・八方美人から優しさへ、楽しい方向に変化したのだ。ルンルン♪

今を変える、すなわち「勇気」を持つことで!!

 

過去は変えられないとよく言われるけど、勇気を持つことで過去だって変えられるのだ。

 

「今」をどう意味づけるすか。そこに人生、幸せのカギがある。

 

ですよ?アドラー先生!