読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走る 15/100 自分を信じるには・・・勇気を持って行動するしかない。

やらないとできない

 「やればできる!」

そう叱咤激励されることがある。

 

「努力は裏切らない!」

そう鼓舞されることもある。

 

どちらもウソだ。

やったってできないことはあるし、努力したって結果が伴わないことも多い。

たいていこのようなことを吹き込む側は力関係で言えば上位に立つ。

大人から子供であったり、指導者から選手へであったり、経営者から従業員であったり。

 

でも、子供も選手も従業員も、バカじゃない。こんなこと言われれば、かえってしらける。

しらけず努力するのは、成果が伴う可能性が高いと計算できている人だけ、要は自分を信じている人だけだ。

 

でも・・・

 

午前4時45分、ジョギングをスタート。これで15日連続だ。

 

うん?体が軽い。

アルコールを2日連続で抜いたこと、それと10日以上走ってことで徐々に走れる体になってきているのだろうか。

 

日々の調子を確認することと、日々の成長を確認するために、毎日、一定区間のタイムを計測している。

 

今までの最高タイムは28分30秒、最低タイムは31分35秒。

最高タイムは3日目、最低タイムは前の晩に飲酒した13日目に記録。

日々の調子(二日酔いかそうでないか)は確認できているものの、日々の成長は確認できていない。

 

しかし、今日は自己最高タイムを更新できる予感した。

今思えば、自分が信じられた瞬間だった。

 

ジョギング初心者の自分は、決して無理をしない。ゴールまで歩かず走り続けることを課しているだけだ。

完走を目標としているので、必要以上に心拍数を上げないようセーブする。

ようは、自分の能力の範囲内で力を発揮している。そうでないと、完走もおぼつかないと思っているからだ。

 

そんな内向きの自分だったが、体調の良さが背中を押す。行けーと。

 

息がはあはあする。苦しい。限界を超えている気がする。でも、なぜだか走り切れる自信は揺らがない。

 

ゴール。そしてタイムは26分40秒。2分近くタイムを縮めた。自己最高タイム更新!

 

つづいて、懸垂。

昨日は記録を伸ばし4回できた。

 

しかし、この4回、実は、4回できたところで満足し5回目にチャレンジすることなく終えたのであった。

1回、2回、3回、かなり苦しいが、うーん4回目。成功!でも今日は鉄棒から手を放さない。そして5回目。で、できた!6回目。くーーーーぅ。粘ったが体を持ち上げることが出来ず、自分の意思とは裏腹に鉄棒から落下した。

 

長々と書いてしまった。。。

 

やればできる!は、やはりウソだ。

でも、やらなければできない、これは紛れもない事実だ。

 

自分を信じて、行動をおこさないといけないな。

そして、死ぬまで自分の限界を超えたところで努力をしたい。

努力に裏切られても、悔いはない。