読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走る 19/100 雨の時、聞きたくなる歌 

f:id:kuboken0788:20170418123043j:plain

百日修行、19日目。 

 

ぽつ。。ぽつ。。うん?雨か?

 

走り出してすぐに雨が降り出してきた。

 

「恵みの雨になるかな。」

今、沖縄県は例年より降水量が極端に少なく、ぷち水不足なのだ。

沖縄県企業局のHPによれば、4月18日現在、ダムの貯水率は47.7%、平年は68.0%ということなので、実にその差は-20.3ポイントとなっている。

www.eb.pref.okinawa.jp

 

ぽつ。。ぽつ。。

ぽつぽつぽつぽつ。

ざーざーざーざーざー。

ごーごーごーごーごー。

 

時間がたつにつれ、シャレにならないくらいの降りになってしまった。

家まではまだ、かなりの距離だ。

 

しかし、つば付きの帽子をかぶってきたおかげで、視界は確保できている。

こうなったらこの土砂降りを楽しもう。

よし、歌うか。

 

雨の歌詞が出てくる歌で、自分が大好きな歌が2つある。

 

翼の折れたエンジェル

一つは、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」だ。

ドライバーズ・シートまで横なぐりの雨、

ワイパーきかない夜のハリケーン

今、まさに、そんな感じの雨っす。

 

この歌は、自分が16歳、青春真っただ中のときリリースされ、日清カップヌードルのCMソングにもなっていた。

 

Thirteen 二人は出会い

Fourteen 幼い心をあいつにあずけた Fifteen

Sixteen初めてのキス

Seventeen初めての朝

少しずつため息覚えたEighteen

埼玉の田舎の少年にとっては、「こんな青春があるのか!?」と、この早熟な歌詞に、ときめき熱狂した。

結果としては、初めてのキスは高校を卒業してから、そして、初めての朝は20歳になってからと、とても品行方正な青春であった自分なのだけど。。。

 

この早熟なドキドキする歌詞もお気に入りだ。しかし、本当のお気に入りは、やはり、

 

もし、俺がヒーローだったら、悲しみを近づけやしないのに〜

だな。自分は、ヒーローと恋愛に憧れた、健全で健康的な夢見る高校生だったのだ。 

全体の歌詞を俯瞰すれば、その内容は、切なさを感じるものなのだが、逆説的に、「絶対に、自分の彼女には、こんな思いはさせないぞ!」と自らを奮い立たせる歌だった。

あれ、俺、彼女いたっけ?結局、彼女は3年間いなかったな・・・

 

そして僕は途方に暮れる

もう一つは、大沢誉志幸が歌う「そして僕は途方に暮れる」だ。1984年9月リリース。

この歌もかなりの切なさだ。

この歌も、日清カップヌードルのCMソングだ。歌われていたサビの箇所はちょっと前向きな内容で、

もうすぐ雨のハイウェイ

輝いた季節は

君の瞳に何をうつすのか

そして僕は途方に暮れる

だった。 

僕は途方に暮れてしまっているけど、君(彼女)は輝いている!いいじゃん、それで!

と自分は思った。彼女が幸せになるのならと、自分の青春に歌詞を重ね合わせながら・・・

いや、この歌がリリースされた15歳、中学3年生の時、自分には彼女はいなかった。。。

 

翼の折れたエンジェル」に対する想いも、「そして僕は途方に暮れる」に対する想いも、かなり妄想癖が入っているな、これは。。。結構危ない人だったんだ、俺。

 

雨の中、無事走り終えた自分は、靴の中はもとより、パンツまでぐちょぐちょびちょびちょな状態であった。

やはり、雨の中は走りたくない・・・