くぼけんのブログ

沖縄劉衛流龍鳳会香織龍鳳館にて親子で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちが伝われば良いな、と思っています。

走る 25/100 夢で見ちゃうほど走ることに一生懸命。

損した気分

 午前4時45分、いつもの時刻に外に出た。

空気が冷たい。

「シャツだけじゃ寒いかな?」

ウィンドブレーカを取りに行こうか一瞬迷ったが、

「でも、走るにはいい気温だな。」とつぶやき、俺はいつものように走りに出た。

 

飽きがこないように、いくつかのコースを用意しているのだが、最近はもっぱら、奥武山公園のジョギングコースを走っている。

春になって聞こえだした、鳥のさえずり、虫の音、蛙の鳴き声が楽しみなのだ。

 

5分も走っていると、体も温まり足取りも軽くなる。

「ピッチを上げるか。」

今日は、いつになく調子がいい。

ここにきてようやく成果が表れてきたのかもしれない。このまま一気にお腹の脂肪も取れるといいのだが。

 

良いペースを維持したまま、30分を走りきる。

 

まさにその時だった。

「午前3時30分です。ピッピピ、ピッピピ、ピッピピ・・・・」

遠くの方で、なぜか目覚まし時計のアラームの音が聞こえる。

「うん?なに?うん?」

 

ぱちっ!!

 

眠りから目覚めた瞬間だった。

夢だったのか・・・

寝ぼけた頭で、「今、夢の中で走ったのはカウントしていいよね?うーんダメか、やっぱり・・・」と現実を受け入れる。

 

損した感満載で、今日も走りに出た俺であった。