読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走る 39/100 今日はマジで命の危険を感じた。こんなときは勇気ある撤退も必要か。

命がけ

 昨日、空手の大会があって、夜、打ち上げをしたんだけど、調子に乗って飲みすぎたんだよな、毎度のことっちゃ、毎度のことなんだけど。

 

二時くらいに目が覚めた時、完璧、まだ酔っている感じで、鼓動も早かった。

 

起床時間の3時半までは、1時間半しかない。

二日酔いで走ったことはい幾度もあるが、さすがに酔いながら走ったことは、この100日修行中、一度もない。

 

「これで走ったら心臓止まっちゃうかな?」

 

ちょっとビビった。

 

「夜は知るか。」

 

でも、今夜は空手の練習日だし、その後走るとなるとかなり厳しい。

 

「あーん、どうしよう。。。」

 

己の酒のだらしなさを呪いつつ、なかばあきらめムードに。

 

「ピピピッ ピピピッ ピピピッ 午前3時30分です。」

 

目覚ましが鳴った。

うん?大丈夫そうだ。

 

どうやら1時間半という時間の中で、体内のアルコールもほぼほぼ分解されたようだ。

鼓動も落ち着いている。

 

よかった。

ピンチを迎えたが、どうにか39日目を達成できた。

 

今日は、酒はやめておこう。