劉衛流(空手)道場生、くぼけん’Sブログ

沖縄劉衛流龍鳳会香織龍鳳館で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちを伝えていきたいです。

カネカネ言いたくないけど、マジ、金なかったんだな。でも、貧乏でも楽しかった20代前半。

f:id:kuboken0788:20170512165429j:plain

  就職してすぐ、給与振り込み口座として使っていた預金通帳が、先日出てきた。

 

総合口座の通帳。

 

定期預金のページを見ると。。。

f:id:kuboken0788:20170512165511j:plain

 

平成1年に50,000円、平成3年に100,000円。しょぼっ。

貯金が上手な人間ではなかったようだ。

 

預金額はともかく、注目してもらいたいのが、金利

 

6.33%!!

なんか、すごい金利。いまじゃ、ありえんもんな、この金利

今は、定期でも、0.03%くらいじゃないかな・・・

 

次に、普通預金のページ。

f:id:kuboken0788:20170512165541j:plain

 

「キュウヨ」とあるのが、給与振込額。

毎月、8万円ちょっとくらい。

これとはべつに現金支給で5万円あったので、合計で手取り13万円くらいか。

当時、22歳。これが、高卒国家公務員の給与水準でした。

 

笑えるのが残高の推移。

給与を振り込まれた時点では、当然プラス。

でもしだいにゼロに近づき、給与前にはマイナス。

イメージ的には、給料日一息ついて、だんだんと水の中に沈んでいき、給料日直前にはブクブクブクと水没・・・

で、また、給料日に「ぷはっ」と一息つくそんな状態だった。

 

車も持っていなかったし、パチンコ・競馬などのギャンブルも一切しなかったし、飲み屋のお姉ちゃんに貢いだ記憶もないし。

それでも、かつかつの経済状態だった。

当時はバブル経済真っ盛りだったのに・・・

 

でも、不思議なことに金がなくて苦労した記憶はない。

 

当時はしょっちゅう、上司や先輩が飲みに誘ってくれた。

「すみません、金がなくて行けないです・・・」と誘いを断ると、

「ばかやろう、気にするな。大丈夫だ。行くぞ!」と。

 

職場の食堂もツケで食べれた。もちろんご飯のお変わりは自由だ!

 

休みの日は、友達や先輩とグラウンドに集まり野球やサッカーした。

 

貧乏でも、みじめでなかった時代。

貧乏でも、楽しかった時代。

インターネットやスマホはなかったけど、いい時間を過ごせていたな。