くぼけんのブログ

沖縄劉衛流龍鳳会香織龍鳳館にて親子で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちが伝われば良いな、と思っています。

息子、ハンドボール部に入部する。空手はどうした!

f:id:kuboken0788:20170517091833j:plain

 彼が入学した中学には空手部がない。

 

道場で空手に専念するという選択肢もあったのだが、部活動に強いあこがれを持っていた彼は、ハンドボール部に入部した。

 

ハンドボールは未経験だ。

 

先日、部内で紅白試合が行われたそうだ。

上級生に交じって、1年生も何名か選ばれのだが、彼はメンバーから漏れた。

 

息子は、空手では、全国大会出場や那覇市の大会で優勝したりと、地方レベルではあるが、そこそこの成績を残している。

しかし、決して、運動神経に恵まれているわけでもなく、体型的に恵まれているわけでもなく、そして、何より不器用なのである。

唯一、他人より優っている点があるとしたら、同じトレーニングでも、黙々と飽きることなく継続するという、継続力だと思う。

ある意味、空手に向いている性格なのかもしれないが。

 

紅白戦のメンバーに選ばれなかった息子は、とても悔しがっていた。

そして、悔しがりながらもPS4を夢中でやっていた。彼はゲーマーだった。

 

そんな姿にいら立ちを覚えた俺は、

「そんなに悔しかったのなら、ゲームじゃなく、ハンドボールの練習をしたらどうだ?」

奮起を促した。

すると、

「基本もきちんと教わっていないのに、自己流で練習したら変な癖がついてしまうかもしれないじゃないか。」

と涙ながらに訴えてきた。しかし、ゲームをする手が止まらない。さすがはゲーマーだ。

 

なにごとも理屈から入る彼。めんどくさいやつではあるが、頭で理解し納得したことは黙々と実行していく生真面目さは持っている。

 

「よーし、それならば、俺が、ハンドボールの基本を教えてやろうじゃないか。」

と思ったものの、ハンドボール未経験者である俺は、ルールはもとより、何人でプレーするかも分からない、ズブズブの素人だった。

 

よし、では、まずはhow-to本を入手しよう。

そう思い、沖縄では随一の書籍量を誇る、ジュンク堂書店へ向かった。

f:id:kuboken0788:20170517091106j:plain

この書棚の表も裏も、すべてスポーツ関係の本である。さすがはジュンク堂

f:id:kuboken0788:20170517091212j:plain

空手関連の本も2列を独占。さすがは沖縄だ。

 

で、今回のお目当てであるハンドボールほ本はどこかな・・・

あれ、見つからないぞ。まさか、ない!なんてこともあるのか?

空手は確かに沖縄発祥ではある。書籍量が多いのもうなずける。

だが、たしか、ハンドボールだって、沖縄、めちゃ盛んでハンドボール王国ってよばれているはずだぞ。

どこだどこにある!

 

あった!!

f:id:kuboken0788:20170517091833j:plain

少なっ!!

 

どうした、おきなわ!どうしたジュンク堂

うちの息子は理屈屋なんだよ、これじゃ、彼を納得できるだけの知識が吸収できるか不安だよー。