くぼけんのブログ

劉衛流香織道場にて親子で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちが伝われば良いな、と思っています。

平成29年度沖縄県スポーツ少年団空手道交流会 祝ベスト4!しかし・・・〇〇の呪いは続く!?

f:id:kuboken0788:20170522095337j:plain

 5月20日土曜日、沖縄県立武道館アリーナにおいて、平成29年度沖縄県スポーツ少年団空手道交流会が開催された。

 

この大会、道場対抗戦になっており、ポイント上位の道場は、九州大会へ派遣される。

 

剛柔流仲本塾、拳龍同志会、劉衛流あずさ道場など毎度おなじみの強豪道場が、今年もその強さをいかんなく発揮。

総合優勝は、仲本塾の頭上に輝いた。形も組手も強し!

 

わが香織道場はというと、道場生、みなそれぞれ頑張ったのだが、あと一歩?といったところでして。。。来年こそは!

 

そんな中、唯一の入賞者となったのが長女の花純。

県レベルの大会で、初のベスト4入賞だ。賞状ももらえ本人ご満悦の様子。

f:id:kuboken0788:20170522100415j:plain

 が、しかし、実は2週間前に少年少女大会で準々決勝で負けた相手に今回も完敗。

たんに相手選手が、とてつもなく強いだけなのであるが、本人曰く、「〇〇の呪い」と恐れている。

 

※ 〇〇には、相手選手の名前が入る。

 

相手のほうが実力的に相当上ということは、本人も分かっているのだが、ふざけて呪いのせいにしようとしているのだ。

相手選手には大変迷惑な話なので、親としてこの場を借りてお詫び申し上げたい。

「ごめんなさい&全国、九州大会頑張ってください!」

 

ところで、私としては、実は心中穏やかではないのだ。

 

20年以上昔の話だが、東京で仕事をしていたころ、沖縄出身の女性とお付き合いしていたことがある。

その女性とその選手が、なんと同じ苗字なのである!

 

まさか呪い!?

 

別れたきっかけは些細なことだった。

彼女が「将来は、沖縄で暮らしたいな。」の一言に

俺が「沖縄に?えー、旅行はいいけど、暮らすのはむりっす。」と心無い一言を。

悪気はなかったのだが、海なし埼玉県で生まれ育った俺には、沖縄での生活が全くイメージできなかったのである。

それに当時は「私をスキーに連れてって」の影響を受けて、スキーにはまっていたし。沖縄、雪、降らないから・・・

 

この一事がお別れしたすべての理由ではないのだが、結果的にその後、ほどなくお別れすることになった。

ほろ苦い青春の傷跡だ。。。

 

ちなみに、その彼女は、1男1女をもうけ、今も東京で暮らしている。マンションも購入したそうだ。

 

そして、俺はというと、「むりっす」と言い放った彼の地沖縄で、沖縄の方々の善意に包まれながら、カイテキ生活をエンジョイしている。

 

あれ?

 

まあ、人生とはそんなものかもしれない。

 

面白いといえば、この大会、今、中一になる息子が、初めて県レベルの大会でベスト4に入った大会なのである。

しかも、娘と同じ小4のときに。

 

さすがは兄妹だ。

f:id:kuboken0788:20170522132629j:plain