くぼけんのブログ

劉衛流香織道場にて親子で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちが伝われば良いな、と思っています。

守礼堂で空手の道着を新調をするときは、今使っている道着を持参すべし。

f:id:kuboken0788:20170731142949j:plain

子供の成長というのは、喜ばしい。しかし、親の懐事情は反比例するものらしい。 

 

先日、息子の道着を新調した。

(しっかし、相変わらずの着こなしだなぁ~。新しい道着なのに・・・そもそも帯の長さが左右合っていないし・・・)

  

ずいぶん前から、「道着が小さくなった。」と訴える息子であったが、べつに穴があいているわけでもないので、自分の耳の穴を塞いぎ、毎晩、サッポロ黒ラベルで乾いたノドを潤していた。

 

しかし、ついに、あの戦闘種族が・・・

 

(香織先生)

「のぞみ、だいぶ、道着が小さくなったな。中学に入学したことだし、お父さんに新しい道着を買ってもらえな。そうだな、のぞみは体も小さいから、体が大きく見えるように仕立ててもらえ。よしオーダーだ。少し高いかもしれないけど、お父さんに奮発してもらえばいいよな!」と。

 

(しぇ、しぇんしぇ~、ちっともよくないっすぅ~!し、知ってますよ、オーダーがめちゃ高いってこと!!)・・・父、心の叫び

 

息子が小5のとき、守礼堂でNW3のハイウェスト仕様を購入したことがあった。

当時、「え’’っ!」という驚きの値段に腰を抜かしたものだ。

幸いこの時は、おばあちゃんから「全国大会出場祝いに買ってあげる。」と資金提供があり、事なきを得たのだが、今回、地区大会敗退で県大会すら出場できなかった彼に、大スポンサーが付くあてもなく、必然的に俺の財布から捻出せねばならない。

 

しかし、ここでいつものように耳の穴を塞いで、サッポロ黒ラベルで乾いたノドを潤していたりなんかしちゃったら、あの戦闘種族のことだ、俺の耳めがけて、容赦なくかめはめ波をぶち込んでくるに違いない。

彼女がスーパーサイヤ人に変身する前に、あきらめるしかない・・・ 

 

己の命大事さに、息子の道着を作りに息子と守礼堂に行った。そう、あの世界の守礼堂だ。

 

自分「すみません、新しく道着を作りたいんですけど。」

店員「ありがとうござます。」

自分「この子の道着なんですけど、体を大きく見えるよう仕立てもらいたいんです。」

店員「具体的にどんな風に仕立てればいいですか?」

 

うん、具体的に?どういうことかな?

素人だもん、自分。具体的にどんな風なんて分かるわけない。

 

店員「どこをどれくらいしぼるとか。ここのの長さは何センチにするとか。」

自分「・・・」

 

さっぱりわからん。

 

自分「オーダーするみなさんと同じような感じでお願いしたいんですけど。」

(そうそう、特別仕立てでなくていい、標準仕立てで。)

店員「人それぞれなんですよ。好みもありますし。」

自分「・・・」

 

まじかぁ。流行とかもあるのかな。

そんなの全然わからないよ。まいったな。

てっきり、店員さんがいろいろアドバイスしてくれるものだと思ってた。

せっかくきたけど、ここは一旦撤退だな。

 

自分「あの、よくわからないので、道場の先生に相談してまた出直してきます。」

店員「そうしてください。」

 

とまあ、初回は、すごすごと撤退する羽目になってしまったのだ。

 

そして練習日、かくかくしかじかと状況を香織先生にご相談。

「そうですかー。うーん、だったら、次行くときは、今着ている道着を持って行って、ここはこう、ここはこう、ここはこう、ここはこう、ここはこう、とリクエストしてみてください。」

 

ふむふむ。

 

そして、リベンジ。今度は、息子、娘、かみさんと一家総出で守礼堂へ。

 

店に着き、道着を新調したい旨を伝え、息子に今使っている道具を着せた。

 

自分「ここの前の部分を今より長く。」

店員「では10センチ長くしましょうか。」

 

自分「今のズボンだと蹴りにくいということなので、ズボン幅は太めにお願いします。」

店員「では、このサイズのズボンにしましょうか。」

 

おぉ~、めちゃくちゃスムーズ♡

 

そんなこんなあんなこんなで、順調にことが進み、無事、採寸が終了した。

ホッ。

 

ところがである、娘から思わぬ一言が。

かすみ「お父さん、私の道着、お兄ちゃんのお古だよね。今度もまたお古?」

 

(うっ。そうだよな、かすみも新しいのが良いよな。分かる、分かるよ、その気持ち。道着もお古。メンホーも胴プロもお古。でも、ケンサポは新品買ったよね。まぁケンサポはめちゃ高いわけでもなかったしな。でも、かすみ、許せ。父ちゃんの財布には、同時に道着を2着買えるほどのマネーはないんだ・・・)

 

自分「かすみ、かすみにも新し道着買ってあげようか?でも、この前、欲しいファンシーグッズがあるって言ってたよね?道着とどっちがい?」

かすみ「やったー。わたし、道着はいいよ。まだ着れるし!ファンシーグッズ買って♡2個ね、2個!!」

 

ちょろい、ちょろすぎるぞ、かすみ♡