くぼけん’Sブログ

沖縄劉衛流龍鳳会香織龍鳳館で空手を学んでます。空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちを伝えていきたいです。

組手したくない、と泣く娘。組手ちょー怖い、とビビる息子。どう乗り越えさせれば良いか悩んでおります。

f:id:kuboken0788:20171205143704j:plain

この写真の様子から分かるように、以前は組手を楽しんできた娘。 

それが最近、組手を嫌がる。怖いそうだ。

昨日の組手の練習では、相手と対戦する前から泣きじゃくっていた。あまりにかわいそうなので、「いいよ、かーす。」と声をかけようとしたが、「だめだ、やれ!」と先生の一言。。。

最初から心が折れているところ、わんぱく坊主の容赦ない上段蹴りを受け、さらに泣きじゃくるかーす。

組手の怖さを共有している兄のーぞは、「これ以上させたら、かーす、空手やめるよ。しばらく組手休ませたほうが良いよ。」と。

それに対して自分は「・・・」。無言。正直、どう対応すればいいのか分からないのだ。

 

拳優会、羽地龍鳳館、仲本塾、凛道場などなど、組手が強い道場がたくさんある。彼ら彼女らの組手の試合を見ていると、恐怖を感じるどころか楽しみながら組手をしているかのように見える。

これは、自信からくるものだろう。強くなれば自分を信じられ、恐怖を感じることなくなるのかもしれない。

でも、あたりまえではあるが、彼ら彼女らとて初めから強かったわけではないだろう。

 

そこである疑問が。

彼ら彼女らでも、最初は組手が怖かったのだろうか。泣きながら練習や試合をしていたのだろうか。

もしそうであるなら、この子達はどのようにして、困難な状況を乗り越えたのだろう。

また先生方はどのうように子供たちを導いたのだろうか。

そして、親もどんな心境で見守ったのか。

 

自分、ぶちゃげ、メンタル弱いんですぅ。

子どもたちの泣いている姿は見たくないな。。。