くぼけんの日記

空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちを伝えていきます!

肝に銘じました! トレーニングの5原則

f:id:kuboken0788:20180824123517j:plain

 

 

 今年もNAHAマラソンに挑戦することになった。

 

目標は「サブ4!!」と言いたいところだが、昨年は腰痛によりスタート前に棄権、一昨年は制限時間オーバーにより中間地点で失格、という事実を鑑みれば、ここはやはり「完走」というのが現実的な目標か。

 

過去、3回、フルマラソンを完走したことはあるが遠い昔。走ることに関しては素人な自分には、やはりなにかしら頼るものが欲しいという思いがあり、カリスママラソン指導者の金哲也氏の著書「マラソン練習法がわかる本」を購入した。

帯にあるとおり、この本には目標別(サブ3、サブ4、完走)に100日練習メニューが詳細に紹介されており、まさに素人の自分が求めているものであった。

そして、ちょうど、明日8/25が、本番100日前と絶妙なタイミングでもあった。

 

過去の経験からすると、3日坊主に終わるという4日後のなんとも近すぎる未来も見えるのだが、子供たちにバカにされないよう、しっかりトレーニングを継続していきたい。

 

ここで「トレーニング」という言葉がでてきたが、「マラソン練習法がわかる本」にトレーニングをするうえで大切な考え方が記されていた。とても腹落ちしたので、少々長くなるがその内容を紹介したいと思う。

 

トレーニングするうえで大切な考え方

 

1 トレーニングの意味

 

まずは、トレーニングという言葉が持つ意味。

 

トレーニング(training)とは、トレイン(train)の名詞。

 

トレインというのは動詞で、「訓練する、養成する、教育する、練習する」、という意味がある。また名詞として「電車、列車」という意味もある。そして、なぜ「電車」がトレインになったかというと、トレインには、「継続、繋がり、続き」、といった、「何かが連続している」という意味もあるからだ。

 

つまり、トレーニングと呼ばれるものは、「継続してなにかを行うこと」という意味となり、それは「どんな運動でも1日やっただけでは単なる経験であって、決してトレーニングではない」ということになる。

 

身体の変化や成長は、ある一定期間継続して何かを行わないと、表れることはない。

トレーニングの語源は、まさにそのことを証明しているわけだ。

 

2 なぜ、トレーニングをしなければならないか

 

「あなたは、なぜトレーニングをしているのですか?」の質問に対して、明確な目標がある人は、答えに窮することはない。「強くなりたいから」、「優勝したいから」、「痩せたいから」など人によって、さまざまな目標があるはずだ。

 

あなたの目標は、何?

 

トレーニングは、目標を達成するために必要不可欠なもの。好きor嫌いとか、楽しいor苦しいとかの問題ではない。

 

3 トレーニングの基本5原則

 

トレーニングには、基本原則というものがあり、その代表的なものが次の5原則だ。

 

「意識性」

運動を行う時は、意識をその運動に集中した方が、進歩が速いという考え方。

たとえばストレッチをするときでも、そのとき伸ばしている筋肉を意識的に集中した方が、しっかり伸びて柔らかくなる。

身体は、しっかり意識をしなければ、うまく働いてくれないのだ。

 

「漸進性」

漸進とはゆっくり進むこと。

筋力も技も持久力も、毎日、少しずつしか進歩しない。だから、一度にたくさんのトレーニングをしたからと言って、翌日、急に上達していることはないのだ。

身体の変化は徐々にしかおきない。だから、トレーニングは、継続が必要なのだ。

忘れがちではあるが、もっとも基本的で重要な考え方である。

トレーニングには「食いだめ」という考え方はないのだ。

 

「反復性」

なにごとも繰り返さなければ身につかないということ。

 

「全面性」

ある運動を個別の動きだけで考えるのではなく、全体的に訓練しなければ、結果的に身につかないということ。

 

「個別性」

人間は、体も頭も一人一人違う。個性に応じたトレーニングをすべきということ。

同じトレーニングメニューでも、それを実行する人の得意不得意や特性によって、メニューをアレンジする必要がある。

 

4 破壊と再構築を繰り返し身体は少しずつ強くなる

 

「トレーニングとは、破壊と再構築の繰り返しである」

 

ここでいう破壊とは、例をあげると筋肉痛。自分の限界を超えたトレーニングを行うと、筋肉が少し壊れる。その時感じる痛みが筋肉痛だ。そして、その後、休養を取ることで筋肉は再生し以前より強くなるのだ。

 

苦しいなと思えるほどの負荷をかけたトレーニング、そして、筋肉を再生させるための休養、この両方が大切なのだ。

 

 

とまあ、こんなことが書かれていた。

肝に命じ、トレーニングを継続して、9/13に予定している人間ドックでは、γGTP中性脂肪、総コレステロールを中心に、サブ基準値を目指したいと思う。

 

あれ、目標が変わった!?