くぼけんの日記

空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちを伝えていきます!

劉衛流大会がやばいことになっている。レベル高っ。

f:id:kuboken0788:20190129092646j:plain

 第22回沖縄劉衛流空手道選手権開催

1月26日27日、沖縄劉衛流の大会が開催され。26日に形競技、27日に組手競技が行われた。

この大会、幼稚園、小学生は学年別、中学生、高校生、成年、マスターズとカテゴリー別(幼稚園以外は男女別にも分かれます。)に戦う。

流派の大会ながら、形、組手とも年々レベルが上がってきていることは、ひしひしと感じていたが、特に形競技がやばいことに。

その中でも、幼稚園、小学生、中学生の部については、我が子を思いやると暗澹な気持ちになってしまうくらい、本当にレベルの高さを感じてしまった。我が息子、娘、大ピーンチ!!

幼稚園の部

 以前だったら、幼稚園や小学生1年生の部であれば、最後まで演武できれば拍手喝采。途中で形を忘れてしまってその場で立ち尽くす姿というのも珍しくなかった。そしてそれはそれでほほえましい光景だったのだが・・・

空手がオリンピック競技になった影響なのか、高野万優さんばりの子が何人もいて驚いてしまった。

立ち方、突き、受けなどの基本がしっかりしており感心しきり。なにより眼光の鋭さは、戦慄さえ走った。

来年度の全少では、この中から全国一位が誕生する予感。

小学生の部

小学生は、小学2年男子、小学3年生男子に全少王者、その他、各学年にも全少入賞者がゴロゴロ。普通に考えれば、流派の大会なので、この子達が圧勝しても良さそうだが、気を抜いたら簡単に足元をすくわれてしまう、そんな状況なのだ。超ーハイレベル。

ちなみに、娘かーすの小5女子のカテゴリーには幸いなことに?、全少出場者はなし。九州大会出場経験者が1名いるだけ。決勝でこの九州大会出場経験者に1-2で敗れたものの、準優勝。お見事!!

全勝予選もがんばって、できたら九州旅行、もとい、九州大会には出場しようね!

f:id:kuboken0788:20190129140542j:plain

中学生の部

 じつは、息子のーぞも形では、小5の時、全少出場経験あり(ただし、初戦敗退だったが。)。親の私が言うのもなんだけど、すげー!というほどではないけど、そこそこは上手なレベルなのだ。

中学生になり、勉強や部活(ハンドボール)に忙しい中、空手も継続中。最近、大会でなかなか結果が出せないでいたが、今回は密かな野望を抱いていた。沖縄では小1から中2まで学年別の大会では全て優勝している絶対的エース、KNRくんに勝つことだ。

組合せでは準決勝で彼に当たる。彼を負かして、その勢いで優勝!見事なシナリオだ。

がしかし・・・

なんと3回戦で、1年生OKMくんにカ・ン・パ・イ。この選手も、沖縄大会1位で彩の国出場を決めているすばらしい選手ではある。しかし、やはり後輩に0-3で負けたとあって、かなり落ち込む息子のーぞであった。

f:id:kuboken0788:20190129144905j:plain

青がのーぞ。春季大会でリベンジできるよう練習しような!

マスターズの部

空手を愛するのは子供たちだけではない。劉衛流には空手をこよなく愛する大人もたくさんいるのだ。

私が出場したのは、マスターズ男子段・40歳から49歳の部だ。

f:id:kuboken0788:20190129145424j:plain

片足立ちになる場面でも、はい!この通り、ピタっと止めて見せる。

しかし、実は止めて見せたの私の技量ではなく、カメラのスペック。本当はほとんど止まることなく・・・ 

結果は0-3で、のーぞ同様、カ・ン・パ・イ。

また一から出直しである。。。

 

帰りがけに、祝勝会(娘)&反省会(息子、父)。

家族トータルで4段(息子2段、娘初段、父初段)しかなく、敷居が高いと思われたが店は七段であった・・・

では、カ・ン・パ・イ!!

f:id:kuboken0788:20190129150558j:plain