くぼけんの日記

空手大好き、海大好き、沖縄大好き。そんな気持ちを伝えていきます!

自分が信じられなければ決して試合には勝てない。そして、自分を信じることができる人は、しっかりと練習を積んできた人。

f:id:kuboken0788:20190204090110j:plain

 
見事なまでに自信なさげな顔。

先日、行われた劉衛流大会での息子のーぞの演武の一コマである。

親としては、思わず「守ってあげたい!」とそんな気持ちにさえなる。

親心をくすぐるシーンであるが、やはりこれでは試合には勝てない。

案の定、初戦はかろうじて勝ったものの、3回戦で1学年下の選手に完敗した。

 

「早く、演武を終わらせたい。そんな気持ちだった。」と試合後、のーぞは口にした。

理由はあえて聞かなかった。

のーぞ自身、そして私もその理由を十分理解していたから・・・

 

準備不足、つまりは練習不足、その一言に尽きる。

 

下の写真は、昨年、行われた、春の選抜大会(彩の国)の沖縄県の予選大会である。

ベスト8で優勝した選手に敗れたものの、しっかり準備をして臨んだだけに、良い表情をしていると思う。負けはしたものの、演武後ののーぞの表情は、さばさばしたものだった。

f:id:kuboken0788:20190204091041j:plain

 

今回の劉衛流大会は、のーぞにとって苦い経験となった。

しかし・・・

「父さん、中体連はハンドボールででたいから空手はでない。でも、その前にある春の県大会は後悔しないように頑張りたい。土日、部活の練習があっても、空手の練習もきちんとやるから。」と。

 

「おう、頑張れ、のーぞ!!父ちゃんもできる限りの応援はするから!!」

 

「でもさ、今回の大会、かーす(妹)は準優勝、俺は初戦勝っての3回戦負け、そして父さんは、初戦で0-3の完敗だからね。一番イケてなかったのはぶっちぎりで父さんだからね。ドゥーユーアンダースンド?腰が痛いなんて言い訳ばかりしていないで、父さんもしっかり練習した方がいいよ。」

 

く~~、ザッツライト!です。。。